更年期症状が表れたら漢方薬での治療も検討しよう

更年期症状が表れたら漢方薬での治療も検討しよう

生薬

更年期障害の治療にも用いられる

漢方薬で治療する場合は、何が滞っているのかを考え治療をしていきます。血の流れなのか、水の流れなのかはひとそれぞれなので、更年期症状によってその人に合った漢方が処方されます。

なぜ漢方が効果的なのか

更年期障害は症状が複数表れるので、西洋医学では対応がしづらいとされています。しかし、漢方なら同時に複数の症状を和らげることができるため、更年期障害に効果があると言われています。

飲み方を知る

漢方薬は基本的に白湯で飲みましょう。西洋薬の場合、食後に飲むことが多いのですが、漢方薬の場合は一般的に食前や食間に飲みます。もちろん種類や組合せによっても異なるので、処方されたときに説明をしっかり聞いておきましょう。

漢方の副作用

漢方は一般的に副作用が少ないと言われています。しかし、全く副作用がないわけではありません。体質によって合わないこともありますし、胃の不快感や下痢、不眠の症状がでることもあります。そういった症状が表れたら、お医者さんに相談しましょう。

広告募集中